『少年陰陽師 窮奇編』 ★★★★

少年陰陽師 窮奇編』

原作:結城光流
監督:森邦宏
声優:甲斐田ゆき小林沙苗麦人小西克幸大谷育江、ほか


何か面白いアニメないかなぁと思って、何気なく借りたTVアニメ。
少年陰陽師 窮奇編』全6巻、全12話。

時は平安。
かの有名な安倍晴明の孫、昌浩が陰陽師として成長し、相棒である物の怪「もっくん」と共に、都を襲う魑魅魍魎を退治していく。

――と、かなり簡略するとこんな感じ。

夢枕獏さんの『陰陽師』ファンとしては、『少年陰陽師』の中のあの晴明は自分のイメージに外れてしまってますが、主役は孫の昌浩なのでそこは特にこだわるところじゃない…
しかし、初っ端から大髑髏が出てきて、暴れ、屋敷を壊しているのを見て、何故だか『地獄先生ぬ~べ~』を思い出してしまった(笑)

作品としては楽しめましたと思います。
主人公の昌浩は性格の真っ直ぐな“良い子”なんだけど、そこに嫌味な感じはないし、相棒との関係もいい感じ
2人の会話は時々面白いですし。
1話目のオープニングを見たとき、ボーイズラブか!?  と思えるような表現があって、ちょっと焦りましたけど(笑)
とはいえ、主人公はとある同い年くらいの姫を好きになるんですね。しかも両想いみたいで。
そんなお互いを想う場面は、見ててとても清々しくて良かったです

あとは、呪を唱えて妖怪(?)を退治したりするところは格好良かったです。
何気にそういうのが自分は好きだったんだな、と再認識しました。

そういえば、このアニメの原作は小説で、ちょっと読んでみたくなったので1巻だけ買ったんです。
まだ数ページしか読んでないので、読んだら感想をまた書きたいと思います。



テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

『新耳袋 近づく編』 ★★★

新耳袋 近づく編』

監督:佐々木浩久堀江慶太田隆文
出演:三輪ひとみ筧利夫三船美佳津田寛治田中要次鈴木繭菓、螢雪次朗、ほか


本の『新耳袋』の良さは、体験者が自分の身に起こったことを語り、それをそのまま淡々と書き綴られているところだと思います。
だから、体験の怖さ、不思議さはあるけども、「こんな終わり方では…」と納得がいかない、なんてことはないんです。
そういう所を、実写化しても保ってもらいたかったと思います。

以前にも『白いひも編』を見たことがあるけど、「それでは“怖い話”じゃなくなる」と思うことがありました。
原作を読んでいるので、監督が演出? した部分とかはよく分かります。
そして、監督として演出したいんだろうというのも分かります。
(実際、監督がストーリーを変えてるのかは分からないけど手書き風シリーズ汗2
だけども、『新耳袋』の何が怖いのかと言えば、「本当にあった」ように感じられるところにある、と私は思います。
なので、そう思えないものが幾つかあったのは本当に残念でした。

そして、『近づく編』でもそれはありました。
加えて、「お笑いに持っていきたいのか!?」と思うものも幾つかありました。
新耳袋』ファンの私としてはちょっと許せなかったです。

まず「現場調書」ですが、幽霊がうしろから警察の顔の端をグッと掴んでて、そのせいで警察の顔がすごい変になってるんです。
警察はそのまましゃべってるんですが、そこ怖がるとこじゃなくて笑うとこ?って思いました。
そして「頼んだで」は、おばあさんの死を悲しむ息子(?)が、ちょっと変すぎでした。
途中、ディズニーランドの? 歌を手振り付きで歌うんですが、普通に笑ってしまいました。
それから「手形」では、次々と手形の増えていく窓に最後ひびが入って終わるんですが、それでは体験者の死が連想されて白けました。
体験者はどうも借金してるみたいで、とっさに自殺しようとしてたので尚更です。

上記以外はそこそこ怖かったかなと思います。

もしかしたら「本当にあった怖い話」を本当にあったように作るのは、とても難しいことなのかも知れませんね。
それでも、『新耳袋』の良い部分をもっと活かした作品というのを見てみたいです。



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『ファイナル・デッドコースター』 ★★★★

(10/23)

これは『ファイナル・デスティネーション』シリーズの3作目にあたります。
1作目、2作目に劣ることもなく、迫る死の恐怖は健在です。

『卒業イベントで遊園地へやってきた生徒たち。主人公は友人、恋人と遊園地を回るが、ジェットコースターに乗った直後、このジェットコースターが故障で事故を起こすのを“見た”。
寸前でジェットコースターから降ろしてもらうが、その騒ぎで他数人がジェットコースターから降りることになった。
主人公が“見た”通りジェットコースターは脱線し、乗っていた全員が死んだ。
死を免れた主人公と数名の生徒は、だが次々に不可解な死を遂げる・・・』

ここまでは1、2作目と変わらずなんですが、この『ファイナル・デッドコースター』では、助かった数人の後の「死に方」のヒントが、主人公が遊園地で撮った写真に現れます。
ヒントを解く過程で、分からなかったり、死ぬ直前で分かったりと、そういったところでもすごくハラハラさせられます。
「不可解な死に方」と書きましたけど、すべては偶然が重なった事故という感じなんですよね。
ただ、偶然と言っても見えない者の悪意というのは感じますけど。

ファイナル・デスティネーション』シリーズでの怖さと言えば、死が迫る恐怖というのもそうですが、死に方の“エグさ”もありますよね。
今回もどの死に方もエグくて、ジェットコースターに乗れないというのはもちろんですが、他にも「これ、するの怖くなった」と見終わったあとに思ったものも幾つかありますよ(汗)。

ラストもとても良かったです。
「ここで終わりかな」と思ったら違ってて、ハッとさせられました。
最後の最後まで恐怖が続き、これ以上ないってくらいのホラー作品に仕上がっています。

一点、思ったことは結局救いはないんだな、ということですね。
写真が死に方のヒントになっていて、逃れる方法が最終的にはあるのかな?と思っていたんですが・・・。
いや、ホラー作品としては完璧ですけどね。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『親指さがし』 ★★★

『親指さがし』

原作:山田悠介
監督:熊澤尚人
出演:三宅健、野澤祐樹、伊藤歩、松山ケンイチ、永井流奈、尾上寛之、ほか


予告を見て「面白そう(怖そう)だ」と思って見てみたんですが、途中の展開はそこそこ怖かったものの、最後の方で意外な展開になってしまい、ちょっと納得が出来ないというか…期待はずれだったかなと思いました。

ただ、「そこそこ怖かった」と言っても、幽霊の存在を感じてゾクゾクするような怖さはそんなに無く、この先どうなっていくんだろう、っていうハラハラ感があった、という感じです。

『幼い頃、友だちと「親指さがし」というゲームを始めるが、1人の少女が行方不明になってしまう。8年後、同窓会で出会った残りのメンバーに、少女を諦めきれない武が「親指さがしをもう一度してほしい」と頼む。その日から武の身に不思議なことが起こり、そして犠牲者が…』

親指さがしにはもうひとつ別の話があり、それを知った残りのメンバーはその謎を解明しようとします。
その謎を解く過程や、犠牲者の出るあたりは、結構ドキドキして先がどうなるのかと気になりました。

ただ、途中とある村へ行くんですが、そこで村長みたいな人が「心の闇に負けてはいけない」というようなことを、何回かくり返し言うんです。
ラストが分からない場面でその言葉を聞くと、なんだかとても違和感を覚えます。

それから、ラストを見ると「あれはじゃあ、どういう意味だったんだ?」ということが次々浮かんできます。
「親指さがし」のゲームで本当に彼らは見知らぬ部屋に行ったのか、とか、彼が犯人なんだったら途中階段で武が感じた手とかは何だったんだ? とか、武の肩が痛んだのはなんだったんだ? とか…
結局、武の精神が病んでいて、それにみんなが振り回されたってことなのかな? と。

ところで、どうやら原作とはストーリーが違うみたいですね。
原作者の山田悠介さんの作品では、『@ベイビーメール』を読んだことがあります。
やはり、ラストで期待はずれに終わった作品でした。
今回、『親指さがし』の映画を見て、原作が少し気になりましたが、山田さんの作品と知ってちょっと迷ってます。



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『ゴースト・ライト』 ★★★

(10/16)

予告を見てから観たんですが、それが良くなかったのかも知れません。

『息子を亡くした女性が、海の近くの人里離れた家を借りて住む。そこで孤島にある灯台の番をする男性と出会う。
だけど、その男性は数年前にすでに死んでいたという事実を知る。
彼は一体何者なのか?そして、家を移り住んでから起こる怪奇現象は、一体彼女に何を訴えているのか?』

宣伝風に言うとこんな感じです。
予告に「灯台守は死んでる」という台詞があり、その灯台守と話をする主人公の女性――というシーンがありました。
そこだけ見ると「なるほど、彼女にだけ見えてて・・・とか、そういう話かな?」と先入観が入ってしまって、見てても全然怖くなかったです。
とあるサイトには「本格ゴースト・サスペンス・スリラー」とありました。
サスペンス・スリラーはともかく、ゴーストはちょっと微妙ですけどね。
ゴーストが出てくるのも、結局はほんのちょっとだったので・・・。

-ネタバレ-
主人公の女性が会ってた灯台守は偽物で、ある人物と共謀して彼女を騙していたという話でしたが、最後には何故か彼女を助けた、という結果になりました。
その彼女を助けた理由ですが、会ううちに本当に好きになったとか、あるいは本物の灯台守の霊がとり憑いたとか、そこをもう少しはっきりして欲しかったかな、と。
もし、彼が彼女を好きになってしまったとしても、それで最後に自殺するという結果には結びつきにくいかなと思います。そんな人には見えませんでしたから(汗)

それから、息子の霊が冷蔵庫の扉についてた、アルファベットのマグネットで「参上」と書きますが、そういう意思表示が出来るなら、もっと他にもそういう現象があっていいんじゃないかな?と思いました。
それだけっていうのはちょっと淋しかったですね。
-ネタバレ-

特にこの作品は思い込みや先入観があって見てしまったので、非常に残念でした。
予告の仕方(?)もどうかと思うんですけどね絵文字名を入力してください

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『ファンタスティック4 超能力ユニット』★★★★

『シルバーサーファー』(2作目)を観たあとに観ました、これ(汗)。
確実に2作目よりは面白かったですね。
(当然かもですが)ストーリーがしっかりとあって、気持ちが入り込めました。
何故彼らが特殊能力(?)を持つようになったのか、彼らはそれをどう受け止めていったのか・・・。
そういうのが、観てて素直に納得することが出来ました。
主人公のリードという男性と、スーという女性の間にある複雑な(?)関係というのも楽しめたかな。
それから、それぞれのキャラクターに個性があっていいですね。
リードは少し気弱でお人好しで科学バカな人。
スーはちょっと気の強い女性で、でも目立つことは苦手なおしとやか(?)な女性。
チーム3人目のジョニーはお調子者で口が少し悪く目立ちたがり屋。
4人目のベンは真面目で心根は優しく、たぶん4人の中で誰よりも正義感にあつい人かな。
言葉にすると在り来たりかなって感じですが、『ファンタスティック・フォー』という映画としてみると、それぞれが、それぞれの場面で活き活きと活躍していて、観ていて楽しかったです。

一番印象に残っているのは、何と言ってもベンですね。
彼だけ岩男のような姿になって、元に戻れなくなってしまいました。

-ネタバレ-
本当は後に作ったリードの装置で、元には戻れたんですけど・・・。
彼には妻がいたんですが、姿の変わった彼を見て妻は当然驚いて、そして彼の元を去って行きます。
その様子は本当に悲しかったです。
妻である彼女の気持ちも分からなくはないですが、去っていく彼女を見送るベン・・・彼女が置いていった指輪を取ろうとするベン・・・。だけど、ゴツゴツした指ではなかなか指輪は取れず、ベンはもどかしそうに、でも必死に取ろうとする――。
彼のそんな姿は本当に痛々しいです。
それに、周りの人たちも彼の姿を見ただけで怯えます。警察は銃を構えます。
そんな様子が本当に可哀想でなりませんでした。
-ネタバレ-

それでも、最後はそんな自分を受け入れることができて、本当に良かったなと思いました。

んー、2作目がやっぱりあっさりし過ぎてたかなぁと思うので、その点では今更ながらにちょっと残念です。
シリーズにしてじっくり見たい気がしますね。
調べてみたら、アニメにはなってるみたいですね。古そうですが・・・。
ちょっと観てみたい気もします。

テーマ : ファンタスティック・フォー 銀河の危機
ジャンル : 映画

『バックダンサーズ!』 ★★★★

バックダンサーズ!

監督:永山耕作
出演:平山あやhiroソニンサエコ田中圭長谷部優北村有起哉つのだ☆ひろ、ほか


先日、レンタル店に行って何か一枚邦画を借りようって思ったとき、ふとこの『バックダンサーズ!』が目に付いて、結構衝動的に借りました。
タイトルとジャケットを見て借りたって感じです。
邦画っていうと、恋愛ものか泣ける感動ものか、暗いものかシリアスなものか…あるいは、マイナー受けしそうなものとか(笑)、そんな印象なんだけど、これはシンプルそうだなと思って。

感想はといえば、思ったとおり“バックダンサーズ”というグループ(?)が最後には夢を叶える――というシンプルストーリーで素直に楽しめました。
ただ、何もないところからのスタートというよりは、ダンサーとして芸能界に入ってからの、苦悩や葛藤を経て夢を掴む、という感じで色んな意味で意外な部分はありましたね。

最初はダンスが好きな2人の親友(ミウ、よしか)が、1人の同年代の子(樹里)に誘われて、とある使われてない駐車場で踊っていた。
しばらくして、樹里がヴォーカリストとしてデビューし、ミウとよしかもバックダンサーとして、新たに仲間2人(ともえ、愛子)を加えてデビューする。
ところが、樹里が突然引退。残されたバックダンサーズ4人は行き場もなく、新たについたマネージャーは頼りなさそうな新米。
新たに結成された後輩ユニットが売れはじめ、ますますバックダンサーズのクビは危うくなる――。

そこから、マネージャーや彼ら、彼女らの周りの応援を得て、バックダンサーズが最後に大きな夢を掴む――と、そんな感じでしょうか。
途中にミウの恋があったり、よしかやともえの家庭の事情が垣間見えたり、愛子のダンスに対する思いの変化があったり…で、ストーリー的によく出来てると。

ただ、ともえと愛子はともかく、ミウの恋やよしかの父親とか、結局どうなったのか見せないというのはどうなんだろう? と思います
ミウは両想いっぽいけど、成就してるのかよく分からないし、よしかはよしかで父親って気付いてるのか気付いていないのか分からないし…
それから、最終的に彼女たちが夢を叶えたのは、マネージャーがあちこちにかけあったからなんですよね。
協力した周りの人たちは、確かに彼女たちの実力を認めていて、彼女たちに協力したいから協力した、というのは分かります。
ですが、そうするとどうしても最後の盛り上がりが欠けるような気がします。
実際は彼女たちの実力だけではなく、周りの人の働きがあったから夢が叶ったって感じだから。
そうなら、最初からその働きかけた人たちに、もっとスポットをあてるべきだったのでは? と。

一点、前半部分でミウたちの話から、唐突に新米マネージャーとスチールクレイジーの話になった時、本当に突然だったので初めは訳が分かりませんでした。
その切替はちょっと気になりました…

気になった点はそれくらいで、あとは良かったと思います。
ダンスも格好よかったし、陣内さんも格好よかった。
途中、陣内さんの歌でバックダンサーズが踊るシーンがあったんですが、あれをもっと観たかったです!
なんか、あのシーンは本当に良かった…もっと観たかった。
それから、これはジャンルとしてドラマになるんだと思うんですが、コメディか?ってくらい笑える場面がありましたよ。本当、楽しかったです。



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『マリー・アントワネット』★★★

『マリー・アントワネット』
公式HP http://www.ma-movie.jp/

観てる途中でも、観終わったあとでも、残念だなと思ったのはマリー・アントワネットが実際はどんな人物だったか、あの時代にどんなことが起こったのか、全然知らなかったということです。

歴史の中で実際に起こったことや、歴史上の人物を描く映画などを観たとき、必ず思ってしまうことではあるんですけどね手書き風シリーズ汗2

さて、この作品は予告も前知識もなにもなく観たのですが、冒頭からハッとさせられたのは、アップテンポな音楽です。
公式HP曰く「新世代監督たちの共通点は音楽、とりわけポップ・ミュージックの使い方に非常に意識的」らしく、『マリー・アントワネット』の監督、ソフィア・コッポラはその“音楽の使い方”が「もっとも示唆的に遂行」されているのだそうです。

音楽の知識やセンスがほとんど皆無な私から言わせてもらえば、「ハッとさせられたけれども、どういう意味があったのかな?」と思うくらいでした手書き風シリーズ汗1
冒頭に流れる音楽が、途中アントワネットが享楽に溺れるシーンで使われたりして、「ここに繋がってくるんだな」とは思いましたけども。
その時代や荘厳な風景の中で、それはあまりにも異質で私には受け入れがたく思いました手書き風シリーズ汗2
更に言えば公式HPの解説で、使用されたアーティストのビジュアル的なことにも言及しているようですが、そこに「示唆的」という意味を持って来てしまうの?と思いました。

歌がある場合、歌詞は分からないので(外国語だから手書き風シリーズ汗2)、それを含めた意見や感想などは言えなくて、これ以上あまり下手なことは言えませんが・・・。

では次に音楽を除いた感想を・・・。

全体的に時間の流れがゆったりとしているように感じました。
セリフの無いシーン、情景などの描写、そういったものが多かったです。
あるいは、事態が展開する場面や人々が口論し葛藤する場面ではなく、城の中でアントワネットが送る生活の様子を忠実に描いている――という感じでしょうか。
“忠実”というのは、史実や文献に忠実という意味ではなくて、「こういう生活風景があったのだろう」という想像や推測に忠実、という意味です。
その為、とても長く感じたりはしたのですが、その分「この場面で彼女はどう思ったのだろうか」とか、そういった考えが次々に浮かんでくるんですね。
あえて、「悲しい」とか「悔しい」とか、アントワネットが感じてるだろう思いを、極力、言葉(セリフ)では表現させていないし、表情や行動などでもあまり表現してなかったように思いました。
(あるいは、アントワネットはとても上品な人で、あの様子が最大限に彼女の負の感情を表しているのかも知れませんが)
逆に(というか意図して)その「悔しい」とかの感情を、享楽的な生活を送ることで解消しているのだろう、と推測させられます。

ただ、一度だけ泣き崩れるシーンがあり、唯一感情を露にしているシーンなのではないかと思います。
そのシーンを見ると、余程悲しかった(あるいは悔しかった)のだろうという印象は受けますが、逆に全体的に見て一番浮いているのではないかとも感じました。
いつも(映画の中で)親しい者と一緒に過ごしている彼女が、一人部屋に篭って戸を閉め切る――それだけでも充分だったんじゃないかなと思うので、ここは泣く姿を見せないというのも有りなのでは、と・・・。

さて、勧善懲悪もの、はっきりした作品が好きな私視点で見れば評価は低めですが、芸術作品としてみればとても素晴らしいものなのだろうと思います。

勧善懲悪や娯楽作品に慣れてしまった私は、途中で「長いなぁ」とだれてしまったわけですが、「芸術」というのはそもそもこういうものなのかも知れないと思いました。
もちろん、娯楽作品を否定するつもりはなくて。

(※「娯楽作品」という意味はちょっと履き違え気味だと思いますが、今はあえてこのまま行きます;)

今読んでる保坂和志の『小説の誕生』に、「明確な答えを求める読者が多い」というようなことが書いてあって、まさしくこれは自分のことだと(笑)。
その部分を読んだあとに、この『マリー・アントワネット』を見て、「なるほど、そういうことか」と納得しました。
何も語られない部分、ただ流れる情景を描写したシーン、何げない生活の一場面――そういったものから、様々な想像や考えが膨らんでいく。そうさせるものが芸術なのだ、ということだと思います。

そういった意味で、『マリー・アントワネット』はやはりすごい映画だと私は思いました。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『プラダを着た悪魔』★★★★

映画館で観たかったー!ってくらい面白かったですうひ

まず主人公アンドレア役のアン・ハサウェイが可愛いッスむはー
映画の初めの方は、“おしゃれに興味のない女性”を演じていたので、メイクは軽く適当に髪はボサボサで、服は地味でちょっとぼったり感あって・・・って感じなんですが――それでも可愛いッ(笑)。

次に「悪魔」と呼ばれる編集長ミランダ役のメリル・ストリープ
この人の作品はたぶん『永遠に美しく』くらいしか私は見てなくて、その時の役柄と全く違うので驚きました。
抑揚なく、すごく静かなしゃべり方なのに、とても威圧感のようなものを感じて、こっちまで緊張しましたよ(笑)。
さすがだなと思いました。

内容はお洒落に興味の無いアンドレアが、自分の夢に近づくために一流のファッション誌の編集長ミランダのアシスタントという仕事に就く。
ミランダの鬼のような要求や慣れない職場に戸惑うも、次第に仕事をこなしていくようになり、またお洒落な服なども着こなすようになる。
ただ、それには家族や友人、恋人との時間を犠牲にしていて――。

という感じ。

アンドレアはもともと頭がいいので、仕事を覚えて一人前にこなすようになる、というところには無理がなくて良かったと思います。
だから、最後はミランダに(たぶん)今までのどのアシスタントよりも認められたというのにも納得でした。

最後の結末は――というか、結末に向けての最後の方の流れはちょっと意外で、その流れの上での2人の関係も私にとっては意外でした。
それ程、2人の関係はこの数ヶ月で密接になったんだな・・・と。

-ネタバレ-
普通だったらちょっと考えられないですよね。
仕事中に突然いなくなって、きっとそのまま辞めてしまったんだと思いますが、それでも「期待を裏切られた」と言いながらも、ミランダはアンドレアをやっぱり認めていて。
怒ってはいるのかも知れませんが、それよりも信頼している相手に裏切られて悲しい、という感情のほうがより強かったのかも。
そんなこと、感じるような人には見えませんけど(汗)。
最後にアンドレアが道路を挟んでミランダと偶然会い、軽く会釈して手を上げて挨拶する、というシーンも意外でした。
あんな辞め方をしたのに(^-^;)
でも、ミランダもミランダで、その時には無視するんだけど、車に乗り込んだあとで車窓越しに彼女を見て、そして微笑むんですよね。
本当は会うはずのない別世界の2人が、偶然に出会い数ヶ月のあいだ一緒に仕事をして、終わってみるとまるで幻か、あるいは遠い昔のことのようだったけど、でも、自分たちにとっては何だかかけがえの無い時間だった気がする――と思ったんじゃないかと、ミランダの微笑みを見て思いました。
-ネタバレ-

ひとつ、とても気になるのは、もしアンドレアがファッション誌のジャーナリストを目指していたら、どうなっていたのかな・・・と。
それでもやはり、ラストは変わらないかな?
あと、愛想つかされた友だちとは元通りになったんだろうか(汗)

単純に、仕事に生きがいを持ち頑張る女性が、最終的には仕事を取るのか家族や友人、恋人を取るのか――という話になると(というか、そういう風に見てしまうと)面白さ半減ですが、最後にアンドレアとミランダが仕事に対する姿勢の話をし、そういう単純なものではないんだな、という感じはしました。
そもそも、2人の間で「家族を犠牲にしろ」とかそういった話はしませんし、全体を通してもそういう話は最後の方に1、2度出たくらいですからね。
そういう、「仕事か家族か」という話じゃなくて、「仕事に対する姿勢や考え方」という部分に話を持って行っているところが、良かったんではないかなと思います。
見終わってみると、「家族や友人、恋人は犠牲にしないけど、仕事も頑張るのは当然。両方とも頑張るよ」という考えが、女性の間で主流になってきてるんだな、と感じました。


テーマ : 映画紹介
ジャンル : 映画

『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』★★★

実は1作目を見ていないのであせどうなるかな?とは思ったんですが、全然分からなかったということは無かったですね。

評価としては星3個(5個中)といった感じで、普通に面白かったと思います。
主役の4人それぞれに魅力があって、嫌味なところがないのがいいです。
逆に軍の人間や、前作でも敵として(かな?)現れたらしい男性の方が、ちょっと嫌味がありすぎって感じですね。
ストーリー的には、無駄なところもほとんどなく、分かり難いところもなく、見やすい内容だったと思います。
謎の銀色の男や、銀河の危機や、そういったことに対処し立ち向かっていきつつも、それぞれの悩みや思いが交錯していく――その過程は良かったです。
――“過程”は(^-^;)
最後はやっぱり、ちょっとあっさりし過ぎてたかなぁと・・・。
「銀河の危機」という緊迫した雰囲気もあまり無かったですし。

タイトルも英題は「銀河の危機」ではなく「RISE OF THE SILVER SURFER」というらしく、そっちの方がいいんではないかな?と。
-ネタバレ-
シルバーサーファー・・・つまり謎の銀色の男ですが、予告では「敵なのかな?」という感じですが、実際はそうじゃなかったみたいで。
びっくりしましたが、なにやら面白い展開だなと思いましたよ。最後、本当の敵を倒したのもその銀の彼ですからね。
そういった意味でもサブタイは「シルバーサーファー」で良かったのでは?(笑)
-ネタバレ-

ところで、なんだか中国?や日本とかが、洋画にしては結構出てきたんですけど・・・それはどうだろうって思ってしまいましたよ手書き風シリーズ汗2
日本のあの光景は有り得ないんじゃないかなぁ・・・。


オススメ度的にも星3個ですが、「何となくヒーローものを見たい」という気分の時に見ると、ハズレなくて良いかも知れないですね♪

テーマ : ファンタスティック・フォー 銀河の危機
ジャンル : 映画

ごあいさつ

はじめまして、のりと申します。

当ブログは、映画・アニメ・小説・漫画の感想が
主な内容となっております。
ジャンルごとに更新する曜日を、ほんの一時決めてましたが、
不定期更新に戻りました。


ブログタイトルは『猫好きの感想記』。
以前は『関係ないけど猫が好き』でしたが、
「関係ない」という言葉はやめておこうかなという、
漠然とした理由で変更することにしました。


そんなわけで、末永く続けていけたらと思っております。
あと、お気軽に感想、ご意見などいただけると嬉しいですにこ


2015年8月25日 管理人:のり

テーマ : ブログはじめました!
ジャンル : 日記

『よつばと!』7巻 ★★★★★

すっごい楽しみにしてました、『よつばと!』7巻!!
あずまきよひこ先生のHPに、9月27日発売って書いてたので、27日に書店を2店舗回りました。
まぁ、無かったんですけども・・・田舎ですからとほほ
でも、次の日行ったらあったんで即買いましたよ!

今回の巻もすべて面白かったですね!
特に意外に面白かったのは「やんだ」とよつばの絡みでした。
やんだが初登場の回は、私もよつば目線になっちゃって、「なんかムカつく奴」とか思っちゃってたんですが、今回は2人漫才やってるみたいで面白かったですうひ
よつばがボケで、やんだがツッコミで。

そして、ちょっぴり胸にジンと来たのは、よつばが一人でコンビニにおつかいに行って帰って来たときに、とーちゃんが家の窓からよつばの帰って来るのを待ってたところです。
とーちゃんって、なんかいつもパンツ姿のところから見てズボラな性格っぽいのに、マメにご飯つくったりよつばの世話したり、今回のように離れたところから見守ってる姿が、意外なんだけどもでも心温まる感じでいいなぁと思います。


それにしても、つくづくあずまきよひこ先生は天才だなと思います。
ただ何でもないような日常的な生活を、こんなに素敵に面白く描けるんですから、やっぱりこれは才能ですよねぇむはー

よつばも知らなかったことを少しずつ知って行って、少しずつ成長して行ってますね。
やっと牛乳がどうやって出来るか知って、正直に言って私ホッとしましたよ(笑)。
これから、またどんなことを知って成長していくのか、楽しみでもありますが――そのまま変わらずにいて欲しいとも思います。

とりあえず、次の巻が楽しみで仕方ありませんわはは

テーマ : よつばと!
ジャンル : アニメ・コミック

カウンター
カテゴリー
最近の記事
FC2プロフ

ブログ内検索
最新コメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク



化け猫缶素材屋/猫屋さま]




猫リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
745位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
月別アーカイブ
ユーザータグ

侍戦隊シンケンジャー 小林靖子 仮面ライダーW ディケイド 仮面ライダー 三条陸 虚淵玄 仮面ライダー鎧武 諸田敏 小林豊 佐野岳 志田友美 田崎竜太 柴崎貴行 杉田智和 長谷川圭一 高杉真宙 吉野裕行 石田秀範 篠原健太 白石涼子 川口敬一郎 スケット・ダンス 銀魂 中澤祥次郎 石塚真一  仮面ライダーオーズ 竹本昇 夏緑 ちくやまきよし 空知英秋 獣医ドリトル 波岡一喜 加藤弘之 暗殺教室 天装戦隊ゴセイジャー あさのあつこ 坂本浩一 金田治 TheMANZAI かまたきみこ 松井優征  青の祓魔師 KATANA リア・ミシェル 電王 glee クリス・コルファー ディアナ・アグロン 米澤穂信 コリー・モンティス ジェーン・リンチ アンバー・ライリー 米村正二 ジェイマ・メイズ マシュー・モリソン 氷菓 狼陛下の花嫁 田村ゆかり 長石多可男 アルスラーン戦記 荒川稔久 聖☆おにいさん ブレイド 立木文彦 大和屋暁 横手美智子 井上敏樹 渡辺勝也 山口勝平 釘宮理恵 子安武人 唐橋充 銀の匙 田中芳樹 林原めぐみ ファイズ とめはねっ! ジャポニカの歩き方 遠まわりする雛 宮部みゆき 愚者のエンドロール 小栗旬 ヘレナ・ボナム=カーター 十二国記 中井和哉 弓削智久 クドリャフカの順番 金田一少年の事件簿 成宮寛貴 ステップファザー・ステップ 暁のヨナ 泰勇気 阪口大助 加藤和恵 山崎和佳奈 タイムレンジャー 高岩成二 橋本裕志 龍騎 ゲイリー・オールドマン バッテリー 井上真央 西山優里子 シャーリーズ・セロン 高山みなみ 江口洋介 ザック・エフロン クリストファー・ノーラン 清水香里 沢城みゆき 野田順子 生天目仁美 マイケル・ケイン 佐久間紅美 マッグガーデン 横山秀夫 ジェラルド・バトラー 上川隆也 石橋大助 獣電戦隊キョウリュウジャー 石田卓也 ヤンキー君とメガネちゃん エミリー・ブラント テイラー・キッチュ ばらかもん 藤原啓治 高田裕三 可歌まと ヒュー・ジャックマン flat 青桐ナツ 高校球児ザワさん 小山力也 月刊少女野崎くん 三島衛里子 渡辺謙 3×3EYES そんな彼なら捨てちゃえば? 生田斗真 真木よう子 ハル・ベリー 佐々木蔵之介 石ノ森章太郎 ルパンの消息 猿の惑星 アンディ・サーキス 古典部シリーズ アナと雪の女王 香川照之 進撃の巨人 椿いづみ 堤幸彦 役所広司 ジェニファー・コネリー 仮面ライダークウガ トム・フーパー 魔人探偵脳噛ネウロ ティム・バートン ジョニー・デップ ヨシノサツキ ましろのおと 中村光 マーク・ウォールバーグ アダム・サンドラー ぼっちの人魚姫 チョー ONEPIECE 青木崇高 藤原竜也 神木隆之介 須藤元気 宮崎駿 米林宏昌 森川智之 ラッセル・クロウ 古谷徹 大谷育江 田中真弓 クリスチャン・ベール ジョヴァンニ・リビシ ザッカリー・リーヴァイ サミュエル・L・ジャクソン 竹内結子 ベン・スティラー ウルヴァリン X-MEN るろうに剣心 和月伸宏 リドリー・スコット 堀川りょう マイケル・ファスベンダー 東地宏樹 ショーン・ペン 佐藤健 武井咲 蒼井優 黒沢直輔 リン・コリンズ 秋元康 デヴィッド・クロス ジェイソン・リー 三池崇史 仮面ライダーアギト 新フォーチュン・クエスト ハイスクール・ミュージカル 堤真一 ヘアスプレー エイリアン 崖の上のポニョ 仮面ライダー555 バットマン ウィル・スミス ターミネーター 残穢 ミシェル・ファイファー 大槻ケンヂ 中村義洋 野川さくら 矢島晶子 福山潤 保志総一朗 松本保典 安藤麻吹 綾瀬はるか 鈴村健一 千葉進歩 小野賢章 仙台エリ 伊月ゆい 堀江由衣 神田朱未 ニンテンドー64 ブルーシード CIRCUS 九十九眠るしずめ ダークナイト ジェームズ・コーデン 大沢たかお 堀江慶 響鬼 ジェット・リー ジェイソン・クラーク 長澤まさみ フランク・コラチ フランク・スポニッツ クリスティーン・テイラー デビッド・ドゥカブニー マイケル・アンガラノ 冨澤風斗 市毛良枝 渡部篤郎 宮崎あおい 南明奈 クリス・カーター 入江甚儀 まいける 中尾明慶 ポール・W・S・アンダーソン 着信アリ 着信アリ2 岡寛恵 ヴィレッジ ソランジュ・ノウルズ・スミス スティーヴ・ラッシュ M・ナイト・シャマラン ヘイデン・バネッティーア 本田貴子 塚本連平 吉沢悠 X-ファイル ミラ・ジョヴォヴィッチ 片山修 アリ・ラーター ショーン・ロバーツ ミムラ ウェントワース・ミラー 原恵一 森絵都 マット・テイラー ミヒャエル・エンデ ネバーエンディングストーリー ウォルフガング・ペーターゼン ノア・ハサウェイ タミー・ストロナッハ トワイライトプリンセス バレット・オリヴァー ミッキーカーチス ハッピーフライト 沢木ルカ スウィングガールズ 賀集利樹 田辺誠一 矢口史靖 森永悠希 GATE 和久井映見 タイムライン 万城目学 フランシス・オコナー ゼルダの伝説 カラフル オウガバトル チアーズ3 ジリアン・アンダーソン ジャッキー・チェン 鈴木雅之 岡田将生 マイケル・クライトン 中井喜一 ドラゴン・キングダム リチャード・ドナー 時のオカリナ ロブ・ミンコフ ポール・ウォーカー プリンセス・トヨトミ ハムナプトラ3 中川翔子 塔の上のラプンツェル 新井浩文 ロブ・レターマン マーク・ローレンス 畠中洋 加瀬亮 ラブソングができるまで 大悟 千鳥 上地雄輔 マリア・ベロ 佐藤隆太 ジャック・ブラック 石原さとみ 長原成樹 宮川大輔 剣幸 岡田誠 ジェフリー・ラッシュ そにしけんじ ガリバー旅行記 猫ラーメン ジョン・ハナー デヴィッド・サイドラー クリスチャン・ベイル ヒース・レジャー ハンコック ジョナサン・スウィフト 上野樹里 古内一成 静野孔文 英国王のスピーチ 小泉今日子 グーグーだって猫である 犬童一心 アマンダ・ピート ヒュー・グラント ドニー・ダーコ LL・クール・J クリス・オダウド リチャード・ケリー ジェイク・ギレンホール ジェイク・ジレンホール メアリー・マクドネル ジェナ・マローン サフロン・バロウズ トーマス・ジェーン 柴咲コウ ホアキン・フェニックス コリン・ファース エイドリアン・ブロディ ディープ・ブルー レニー・ハーリン ロブ・コーエン ビリー・コノリー ブレンダン・フレイザー サンドラ・ブロック ジョン・リー・ハンコック しあわせの隠れ場所 ティム・マッグロウ クイントン・アーロン 品川ヒロシ ジェイ・ヘッド リリー・コリンズ 伊藤理佐 おんなの窓 着信あり 着信あり2 杏さゆり プレデター ジェイソン・シーゲル サマースクールデイズ エイリアンズVSプレデター ブライス・ダラス・ハワード 三浦友和 フィリダ・ロイド ロバート・ルケティック 男と女の不都合な真実 アマンダ・セイフライド エリック・ウィンター マイケル・ビギンズ シェリル・ハインズ ケヴィン・コナリー ニック・サーシー ピアース・ブロスナン 美輪明宏 ジョン・タトゥーロ ジョン・トラボルタ デンゼル・ワシントン ルイス・ガスマン マイケル・リスポリ ハイスクール・ミュージカル ジェームズ・ガンドルフィーニ 仮面ライダー剣 ケビン・コナリー マンマ・ミーア! 水田伸生 なくもんか ニッキー・ブロンスキー 宮藤官九郎 阿部サダヲ 塚本高史 アダム・シャンクマン 瑛太 ウィル・アイ・アム ジョン・トラヴォルタ 黒川芽以 グミ・チョコレート・パイン ケラリーノ・サンドロヴィッチ 大森南朋 ギャヴィン・フッド 笑う警官 ダニー・ヒューストン リーヴ・シュレイバー トニー・スコット ステファニー・メイヤー レインツリーの国 花よりもなほ 田村直己 高野和明 有川浩 中村橋之助 玉山鉄二 ジェニファー・アニストン ジニファー・グッドウィン 幽霊人命救助隊 古怒田健志 小雪 アリソン・ミラー チョン・ジヒョン クリス・ナオン 楠桂 村井良大 ラスト・ブラッド 鬼切丸 スカーレット・ヨハンソン ベン・アフレック 平愛梨 常盤貴子 豊川悦治 クリスティン・スチュワート 石塚英彦 サブウェイ123 キャサリン・ハードウィック 宇梶剛士 唐沢寿明 ロバート・パティンソン 要潤 ジャスティン・ロング ブラッドリー・クーパー 広末涼子 紀里谷和明 浦沢直樹 20世紀少年 GOEMON 皆川猿時 片桐はいり ヘレナ・ポナム=カーター ミア・ワシコウスカ 幻蔵人形鬼話 ゴリ押し成就ドラマジ アラン・リックマン マイケル・シーン 勝間和代 目立つ力 不思議の国のアリス アリス・イン・ワンダーランド リトル・ジャンパー キーファー・サザーランド ポーラ・パットン エイミー・スマート アレクサンドル・アジャ ミラーズ ヘタリア 石田彰 フォーチュン・クエスト 3×3EYES ヤングマガジン 山本ひかる 菅田将輝 桐山漣 木ノ本嶺浩 オーバードライブ 柏原収史 筒井武文 竹中直人 陰の季節 樹木希林 借りぐらしのアリエッティ 三崎亜記 となり町戦争 メアリー・ノートン 志田未来 I.G 竹下景子 大竹しのぶ 高松信司 DAIGO 鷹の爪団 ミシェル・ロドリゲス スティーヴン・ラング シガニー・ウィーバー ジョエル・デヴィッド・ムーア ディリープ・ラオ コララインとボタンの魔女 ガールズ・ブルー アルビン/歌うシマリス3兄弟 サム・ワーシントン ジェームズ・キャメロン 清水良典  舞妓Haaaan! 貫地谷しほり キャメロン・リチャードソン アバター 未来戦隊タイムレンジャー ティム・ヒル ヘンリー・セリック ニール・ゲイマン 中島たい子 山本泰一郎 ヴァネッサ・ハイウッド 漢方小説 ヴァネッサ・ハジェンズ 季節の記憶 神谷明 ケニー・オルテガ ジェイソン・コープ デヴィッド・ジェームズ 山路和弘 劇団ひとり 榮倉奈々 上杉忠弘 ロコ!思うままに シャルト・コプリー ニール・ブロムカンプ 第9地区 鈴木蘭々 バトルシップ 田村由美 山口雄大 熊倉隆敏 7SEEDS もっけ 高橋洋 森山享 小西舞 堀ノ内美月 中原翔子 水木薫 伊藤洋三郎 コディ・スミット=マクフィー ジュディ・グリア 小泉堯史 岡田准一 蜩ノ記 大友啓文 サム・ライリー 堀北真希 原田美枝子 ケリー・ラッセル トビー・ケベル マット・リーヴス 三船史郎 寺島しのぶ 佐々木浩久 太田隆文 北村有起哉 つのだ☆ひろ 長谷部優 田中圭 hiro 戸田恵子 浪川大輔 佐藤正治 古川登志夫 鶴ひろみ 野沢雅子 細田雅弘 永山耕作 バックダンサーズ! 津田寛治 田中要次 三船美佳 筧利夫 三輪ひとみ 鈴木繭菓 熊澤尚人 永井流奈 尾上寛之 伊藤歩 野澤祐樹 三宅健 エル・ファニング シャールト・コプリー ニコラ・ペルツ スタンリー・トゥッチ マイケル・ベイ ジュリエット・ビノシュ エリザベス・オルセン シェーン・ダイソン 俺様ティーチャー マイケル・キートン ブライアン・シンガー ジョエル・キナマン ジョゼ・パジャーリャ ロボコップ アーロン・テイラー=ジョンソン ギャレス・エドワーズ クリスティン・ベル ジョナサン・グロフ ハンス・クリスチャン・アンデルセン ジェニファー・リー クリス・バック 思い出のマーニー ジョーン・G・ロビンソン GODZILLA ゴジラ 松嶋奈々子 有村架純 高月彩良 ジェームズ・マカヴォイ ジェニファー・ローレンス オール・ユー・ニード・イズ・キル 桜坂洋 ローガン・ラーマン アンソニー・ホプキンス エマ・ワトソン ダグ・リーマン トム・クルーズ ロバート・ストロンバーグ アンジェリーナ・ジョリー マレフィセント ブレンダン・グリーソン ビル・パクストン ダグラス・ブース レイ・ウィンストン 中島哲也 小松菜奈 深町秋生 果てしなき渇き 渇き。 清水尋也 妻夫木聡 ダーレン・アロノフスキー 約束の舟 ノア オダギリジョー 奈良柚莉愛 土井洋輝 乾くるみ 松田翔太 イニシエーション・ラブ アナ・ケンドリック ロブ・マーシャル 前田敦子 木村文乃 諌山創 樋口真嗣 マット・デイモン オデッセイ 橋本愛 イントゥ・ザ・ウッズ リチャード・マッデン ジョージ・クルー ニーヒュー・ローリー ブラッド・バード トゥモローランド 荒川良々 ブリット・ロバートソン ラフィー・キャシディ リリー・ジェイムズ ケイト・ブランシェット ケネス・ブラナー シャルル・ペロー シンデレラ 三浦春馬 長谷川博己 ニコラス・ホルト テリーサ・パーマー ジョナサン・レヴィン ウォーム・ボディーズ ケイティ・ホームズ ロブ・コードリー 美女と野獣 ケヴィン・ジェームズ ミシェル・モナハン クリス・コロンバス ピクセル アンコール!! ウーピー・ゴールドバーグ ウィル・アーネット ポール・ポッツ デヴィッド・フランケル ワンチャンス 本郷奏多 水原希子 アーノルド・シュワルツェネッガー エミリア・クラーク ミーガン・フォックス ジョナサン・リーベスマン ミュータント・タートルズ ジェイ・コートニー 濱田岳 戸田恵梨香 森邦宏 甲斐田ゆき 谷村美月 原沙知絵 板倉光隆 小林沙苗 麦人 佐藤銀平 川澄綾子 渡辺信一郎 マングローブ 小西克幸 仲里依紗 水野理紗 天海祐希 黒木メイサ 所ジョージ 長嶋一茂 山口智子 谷原章介 松雪泰子 近藤好美 花村怜美 水橋研二 櫻井孝宏 朴璐美 真野玲 名塚佳織 オーウェン・ウィルソン スティーヴ・クーガン ロビン・ウィリアムズ ショーン・レヴィ ナイトミュージアム ダン・スティーヴンス ベン・キングズレー 予告犯 筒井哲也 白又敦 高木渉 緒方賢一 名和宗則 島田敏 岡本信彦 宮崎なぎさ 鈴木真仁 浜田賢二 成田剣 アリス・ジェーン・チャンドラ・ウェブスター 横田和善 田中秀幸 天野由梨 佐藤智恵 堀江美都 クリステン・ウィグ スティーヴン・コンラッド ローウェル・カニンガム トミー・リー・ジョーンズ バリー・ソネンフェルド メン・イン・ブラック3 サム・クラフリン ジョシュ・ブローリン トム・ハーディ 猫にまつわる不思議な話 宇佐和通 吉川晃司 大友啓史 モーガン・フリーマン クリス・ヘムズワース クリステン・スチュワート 宍戸開 ダーク・シャドウ 北村一輝 市村正親 上戸彩 エヴァ・グリーン ジャッキー・アール・ヘイリー グリム兄弟 ルパート・サンダース 松山ケンイチ クロエ・グレース・モレッツ ジョニー・リー・ミラー プロメテウス ノオミ・ラパス 千葉繁 折笠愛 水野敬也 夢をかなえるゾウ ゼロ・ダーク・サーティ レ・ミゼラブル ヴィクトル・ユゴー サシャ・バロン・コーエン ドラゴンボール エディ・レッドメイン アマンダ・サイフリッド ビュー・ジャックマン 井沢元彦 逆説の日本史 平田広明 山口由里子 岡村明美 イドリス・エルバ ガイ・ピアース 矢尾一樹 テッド 猫弁 大山淳子 ジョエル・マクヘイル ミラ・キュニス セス・マクファーレン 阿部寛 武藤将吾 源氏物語 紫式部 田中麗奈 多部未華子 東山紀之 ニューイヤーズ・イブ ゲイリー・マーシャル ジョン・ボン・ジョヴィ ジェームズ・ベルーシ ミシェル・ファイファー ヒラリー・スワンク ロバート・デ・ニーロ 中谷美紀 高山由紀子 フリーダ・ピントー トム・フェルトン ルパート・ワイアット ジェームズ・フランコ 震度0 八手三郎 會川昇 岩合光昭 鶴橋康夫 弟切草 かまいたち ファンタスティック4 精霊の守り人 上橋菜穂子 天樹征丸 さとうふみや 田村隆平 べるぜバブ ピーター・マクニコル 町医者ジャンボ!! こしのりょう ヤマザキマリ 武内英樹 テルマエ・ロマエ 庄司陽子 生徒諸君! リーアム・ニーソン アレクサンダー・スカルスガルド 伊東四朗 いもうとデイズ 渋谷樹生 渋谷龍生 小西真奈美 田中ユキ ピーター・ディンクレイジ リアーナ ブルックリン・デッカー 浅野忠信 ピーター・バーグ 鳥山明 ベティ・トーマス ナオミ・ワッツ ナヴィーン・アンドリュース オリヴァー・ヒルシュビーゲル ダイアナ マーシャ・ゲイ・ハーデン キャス・アンヴァー ゴースト・エージェント ケビン・ベーコン 幸せの1ページ ライアン・レイノルズ ジェフ・ブリッジス ロベルト・シュヴェンケ エミール・ハーシュ イントゥ・ザ・ワイルド 是枝裕和 福山雅治 そして父になる ジュリー・ウォルターズ ヘレン・ミレン 尾野真千子 リリー・フランキー テレンス・スタンプ ズーイー・デシャネル ジム・キャリー ペイトン・リード イエスマン ウェンディー・オルー マーク・レヴィン 田畑智子 チャック 高畑淳子 宮本信子 地井武男 イヴォンヌ・ストラホフスキー アダム・ボールドウィン 柊あおい 君のために弾くショパン ライアン・マクパートリン サラ・ランカスター ジョシュア・ゴメス 高良健吾 朝倉あき フォーチュン・クッキー マーク・ウォーターズ ジョディ・フォスター アビゲイル・ブレスリン ジェニファー・フラケット ジェイミー・リー・カーティス リンジー・ローハン 高畑勲 かぐや姫の物語 チャド・マイケル・マーレイ マーク・ハーモン ナイジェル・コール カレンダー・ガールズ 木内一裕 松嶋菜々子 藁の楯 ブリタニー・マーフィ アダム・ガルシア 岸谷五朗 パシフィック・リム 玄田哲章 三ツ矢雄二 菊池凛子 チャーリー・ハナム ギレルモ・デル・トロ スティーヴ・ザーン ビヴァリー・ドノフリオ サマンサ・モートン ウィレム・デフォー エドガー・ライス・バローズ アンドリュー・スタントン ジョン・カーター 中村地里 下野紘 野島健児 ペニー・マーシャル 小林ゆう 高本めぐみ 関智一 芦田愛菜 そこをなんとか 草凪みずほ 死国 ヴァーリアの花婿 ウィル・ユン・リー ハル・ヤマノウチ 坂東眞砂子 エリン・ブロコビッチ アーロン・エッカート マーグ・ヘルゲンバーガー アルバート・フィニー ジュリア・ロバーツ スティーブン・ソダーバーグ ブライアン・ティー 森繁拓真 美山加恋 優香 沖浦啓之 ももへの手紙 平安女子部! 山寺宏一 鈴木亮平 吉河美希 となりの関くん 少年探偵犬神ゲル 河合克敏 佐々木譲 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR