スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仮面ライダー ディケイド』 第5話「かみつき王の資格」

仮面ライダー ディケイド
第5話「かみつき王の資格」

先々週も思いましたが、士の発言はいつもいきなりだなと思います。
ユウスケのことを「こいつの笑顔、なかなか良い」(うろ覚え)とか言ってみたり、今回のワタルのことにしたって少ししか会ってないはずなのに、どうしてそこまで分かるの??って思ってしまいます手書き風シリーズ汗1
先々週も今週も、それがいきなりだったなと。
主役ではあるんだけど、おいしいところだけ持って行きすぎ(笑)

あと、どの場面で士はビートルがワタルの父親だって分かったんでしょう?
あまり感情を表さない人ですが、最後でその点が引っかかりました。
私が見逃しただけかも知れませんが・・・。

ユウスケは・・・彼もいつからワタルのことを知って、彼は王に相応しいと思ったんでしょう。
士と同じくらいにキバの世界に来たんですよね??
もう長いことキバの世界に居て、ずっとワタルを見てきた風な印象を受けるんですけど・・・

と、疑問点や引っかかる点などは幾つかあります手書き風シリーズ汗2
ユウスケがワタルの頭の横(耳のあたり)に手をやるから、パッと見BLみたいな雰囲気だなとか(普通だったら頭の上じゃないかな)、先々週だったらクウガで今週はキバだけど、あのディケイドの武器になる変形がホント変で気になるとか、謎の男が変質者にしか見えないとか、その謎の男が(わざとかもだけど)『電王』の桜井さんとかぶるとか・・・

それでも何故か次を見ようと思えるのは、懐かしい過去の仮面ライダーが出てくるからなんです。
ストーリーとか台詞回しとか、もっと良かったらもっと楽しめるのになぁ・・・
また小林靖子さん仮面ライダーの脚本しないかなぁ・・・

スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

『侍戦隊シンケンジャー』 第二幕「極付枠合体」

侍戦隊シンケンジャー
第二幕「極付枠合体」

すみません、ディケイドのついでに見たやつです。
見たときには「これまた時代錯誤な・・・」と思ってましたが、今東映さんのHPを見て脚本が小林靖子さんだということに気づき、「これは見なきゃ」と態度一転です(笑)
以前、小林先生が脚本を書いていた『タイムレンジャー』や『電王』を見て、「どこまでもついて行きます」と私は言ったのでした手書き風シリーズ汗2
ついて行くと言っておきながら、情報収集とかまったくやってないんですけどね。
しかし小林先生も同じ特撮とは言え、戦隊ものに行ったり仮面ライダーに行ったり・・・すごい人ですね。

内容についてですが、第一幕を見てないのであまり話にはついて行けなかったんですが、つまりこの現代に「殿」と呼ばれるリーダーが居て、それに付き従うよう教育をされた4人の「侍」(戦士?)がいる、ということなんですよね?
そして外道衆という世界を破壊しようとする悪から人を助ける・・・と。
ま、子供向けの番組なのでそれはともかく、やはり一人があまりにも時代錯誤すぎる手書き風シリーズ汗2
それで「殿」がちょっと「家臣」(なの?)に冷たく当たると「それはどうか」と言ってみたり、っていうところが中途半端かな~。
自分の過ちに気付いて、「殿」を諌めてしまった自分を悔やみ、土下座してその後は何をするのかと思えば滝・・・ではなく噴水の中に裸で入っていく、と――。
そこは「切腹を!」とか言ってくれると面白かったかも知れませんが(笑)、子供番組にそれは出来ませんね。
それから、関西弁かと思ったんですが京都弁(一緒?)の女の子がいましたが、彼女がまた天然な子なんですね。
合体に失敗しておでんみたいな形になって、「さっきのも良かったけど」とか言うのを聞いて、ちょっと『あずまんが大王』の大阪(春日歩)を思い出しました(笑)

第二幕を見て、それほど面白いという印象は受けませんでしたが、脚本が小林靖子先生ということで期待し、続けて見てみようとは思います。
ただ、『タイムレンジャー』よりは対象年齢が下がりましたよね・・・

テーマ : 侍戦隊シンケンジャー
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ガールズ・ブルー』 ★★★

ガールズ・ブルー
著者:あさのあつこ
出版:文春文庫(文藝春秋)


17歳。
あたしたちの前には、長い長い時間がある
それなのに、今しか愛せないものもある
バッテリー』のあさのあつこが贈る、切ないほど透明な青春群像小説
(腰帯より)


とくに大きな出来事が起こるわけではなく、
登場人物である高校生たち男女の、夏の一瞬を書き綴った小説――
という感じでしょうか。

ふと、読んでいる途中では氷室冴子さんの小説を思い出したんですよね。
氷室冴子さんの小説で思い出したのは『さようならアルルカン』ですが、
それ以外での作品にも通じる共通の雰囲気というものを、
この『ガールズ・ブルー』でも感じました。
それでも、氷室冴子さんの小説ではきちんと起承転結はあり、
主人公の感情の変化というものをよく表現していたように記憶してます。
そういうものは、『ガールズ・ブルー』にはほとんどなかったと思います。

結局、何が言いたいのかと言えば、私は受け付けることが
出来なかった作品だった、ということですね手書き風シリーズ汗1
文体はあっさりとしていて非常に読みやすく、
それぞれのキャラクターもしっかりとしていて、
そこはさすがあさのあつこ先生だと思います。

更に言えば、私はあさのあつこ先生の作品で
バッテリー』と『The MANZAI』は読んでて、
そのどちらの作品も好きなんですよね。
なので、『ガールズ・ブルー』を受け付けられなかったのは
自分でもショックなんですが……


楽しむことが出来なかったのは、やはり登場人物の高校生の
言動が理解できなかったのが最大の理由だと思います。
今どきの高校生のような、軽いような調子で、
またどこか尖っているようなところもある……そんな印象で、
別に彼ら彼女らが非道なことをするわけではないのに、
どうしても理解できない。
また、矛盾しているような気がします。
ただ、私がそう思うほどに彼ら彼女らが、
よりリアルだったと言えるのかも知れません。


あとは、これも女子校生を表現してのことかも知れませんが、
話がよく過去へ飛びます。
何ページにわたって過去を書く、なんてことはありませんが、
現在の出来事を語っている途中に他の誰かとの過去の思い出を
チラッと話す――そしていつの間にか現在に戻っているんですね。
これにはちょっと混乱しました。
今、主人公はどこに居るんだと……


バッテリー』や『TheMANZAI』が好きなだけに、
楽しめなかったのはとても残念です。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『漢方小説』 ★★★★

漢方小説

著者:中島たい子
出版:集英社文庫


川波みのり、31歳、独身の女性が西洋医学では心療内科を
勧められるような、原因不明の病気(症状)になり、
幾つかの病院に通ったあとで、高校の頃に漢方医に
診てもらったことを思い出し、漢方診療所へ通うことに。

それと同じくして、“青テント”での飲み仲間との
人間関係も微妙な雰囲気になり――


以上、私が書くとそんな説明になりましたが、
話は“みのり”の一人称で語られ、あっさりとした文章で
とても読みやすかったです。
また、語り口調がおもしろいので時折笑ってしまう箇所がありました。


それから、文章が変に装飾されていないので、
背景はぼんやりとしか分からないのに、人とのやりとりや
みのりの行動を見ていると(読んでいると)、
とても現実味があって何故か私は著者の体験を読んでいるような
気持ちになりました。


漢方小説』ということで、主人公は悩み落ち込み、
そこから浮き上がろうともがくわけで、その様子を見て(読んで)
読者であるこちら側も、もがき浮き上がろうとする元気を貰う――
という、そんな小説なんじゃないかと解説に書かれておりましたが、
今私自身がそれほど深刻な悩みを持っていないからか、
それとも私が読み方を間違えたのか、私は“そういう風”には
読めませんでした手書き風シリーズ汗1

ただ、所々共感することも出来ましたし、病気でもがく姿は
少し前の自分と重なったりもしました。
原因不明の症状で苦しんでいるのは、自分だけじゃないんのかも
知れないと、そう思うと少しホッとしました。
そんな風に自分は読んでたと思います。


タイトルからして体のこと、あるいは裏表紙の説明から
人間関係のことだけなのかなと思っていたら、
みのりが漢方医に好意を抱いたり、飲み仲間の森ポンに
みのりが迫られたりと、そういう話もあるんだなとちょっと驚きました。

漢方医とのやりとりは、なんだかやたらリアルな感じがして、
妙にドキドキしてしまいました。
ただ、最後にはどちらともにもはっきりとした決着は付いてないので、
その点は残念でしたが、より現実味があるかなとも思ったので納得、
という感じです。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『仮面ライダー ディケイド』 第4話「第二楽章・キバの王子」

仮面ライダー ディケイド
第4話「第二楽章・キバの王子」

今回から「第二楽章」ということで、少しは分かるかなと思ったら、また先週出てきてたクウガの人が現れて意味不明です・・・
面白くないとは思わないんだけど・・・

意味が分からないんで、見ながらも別のことを考えてしまいますね。
クウガをやってる俳優さんの方が、印象的には主役でもイケそうな気がするんだけど、役柄的にはやっぱりディケイドじゃなくてクウガなんだろうなぁ・・・とか、キバの王子役の男の子の耳はすごい福耳だな・・・とか(笑)
ただ、ディケイドの人は笑い方が上手いかなと思ったり。
私は邦画が苦手なんですが、その理由に日本人の演技が受け付けないのかな、と思ったりもしていて、ただそれ以前にこういう特撮に出てくる人って、大抵最初の頃は演技が「ん~・・・」って感じの人が多いんだけど、このディケイドやってる人笑い方が上手いな、と・・・

ところで、ディケイドって他のライダーに変身することが出来たんですね。
今回、キバの王子と戦うことになったわけですが、キバがフォームチェンジするたびにディケイドもクウガになったり、クウガでフォームチェンジしたりと、なかなか面白い戦い方だと思いました。
相手によってフォームチェンジするのは今までにもありましたが、これまでの仮面ライダーにフォームチェンジすることなんて、当然今までには無かったので夢のような光景ですよね。
クウガはもう出てしまったんで、次はやっぱり電王が出てくるのが楽しみですにこ

あ、『仮面ライダー555』は次回に出てきそうですかね??
今回、終わりごろにカイザが出てきたので・・・どうなんでしょう?
ただ、カイザのあの声は以前のままの役者さんの声ですよね。
今ウィキペディアで見て間違いないということは分かりましたが、本当に声のみの出演なんでしょうか?ちょっと草加さんとして出てきて欲しいような気もします・・・

・・・やっぱり内容がよく分からないのと、とても懐かしいのとで別のことばかり見てしまいますね手書き風シリーズ汗1
いや、そのお陰で(?)ディケイドは楽しみにしてるんですけどねにこ

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー』★★★★★

ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー』
監督:ケニー・オルテガ
出演:ザック・エフロン、ヴァネッサ・ハジェンズほか


間違いなく、もう1回か2回は映画館へ観に行きます。
それくらい面白くて楽しくなる映画です。

ミュージカルをほとんど観たことがないので、ミュージカルがどんなものか良く分からないんですが、以前DVDで昔のミュージカル映画を観たとき、この『ハイスクール・ミュージカル』とは全く印象が違ったし、私は受け付けることが出来なかったので、同じ“ミュージカル”と言ってもやはり様々な形のミュージカルがあるんだと思います。
その中で『ハイスクール・ミュージカル』は、とにかくミュージカルの楽しさの部分を存分に発揮した映画だと私は感じました。
と言って、もう一度言いますが私はミュージカルには詳しくないです手書き風シリーズ汗1
ただ、歌や踊りはともかくストーリーや設定だけを考えてみると、それほど目新しいところはないような気がします。
それが何故こんなに楽しいと思えるのかと言えば、やはりミュージカルだからなんだろうと。その歌や踊りが若々しくて力強くて楽しくて(時々切なくて)、そういう所が普通の映画よりも迫力があり伝わってくるのにも勢いがあると思います。

俳優、女優の方々の声も素敵でした。
舞台で聴くようなよく通る声で、ハリがあってやっぱり力強くて、聴いててとても心地良いんですよね。
例えば字幕を見ないで歌声だけ聴いてて、英語が分からないから意味も分からないけど、でも聴いてると不思議と気持ちが伝わってくるような気がします。
本当にどの俳優の方々の声にも聞き惚れてしまいますよ。

“ハイスクール”ミュージカルなので、続編などはきっとないでしょうし、これ以上続けてそれが例えば面白いと思えないものになってしまったら嫌なので、続編が出るとするとちょっと複雑ですが・・・もしあるとするなら下手に気取ったりせずエンターテイメントに徹して欲しいなと思います。
また、同作のシリーズでなくても、またこういった心が高揚するような楽しいミュージカル映画が出てきて欲しいなとも思います。

テーマ : ハイスクールミュージカル
ジャンル : 映画

『季節の記憶』 ★★★

季節の記憶

著者:保坂和志
出版:中公文庫


「鎌倉・稲村ガ崎を舞台に、父と息子、便利屋の兄と妹の日々……
それぞれの時間と移りゆく季節を描く。」
(裏表紙より)


小説の内容はまさに上の紹介文通りで、
極端に言ってしまえばそれ以上でもそれ以下でもありません。
本当にただ日常を綴っている、それだけであり、
盛り上がりもその逆もありません。

そんな普通に有り得そうな日常を書いているだけなのに、
なぜか独特な雰囲気がするのはその文体などのせいばかりじゃなく、
そういう何も無いただの日常を書いているだけの小説を
今までに読んだことがないから――あるいは、そんな小説なんて
今まで存在するとも思っていなかったからで、だからなのか、
読んでいて、また読み終わって保坂先生の小説は自分の中で
「異端だ」と思ってしまうんです。


じゃあ全くつまらないものなのかというと、
そう言って無視できない面白さというのも微かに感じました。

また、他の作品とは違って不思議と、単純に
「面白かった」「面白くなかった」と判断することが出来ないし、
「この時こうなったのは何でだろう」という疑問なども全く出てこない…

たぶん、読書量や経験(?)の少ない自分には、
この小説はこうだと評するだけの知識が無いんだと思います。
何となく面白さを感じることはできる、
でもそれが一体なんなのか説明ができない、そんな感じです。


ただ終わりの方で主人公(父)が、友人から送られて来た会社の様子を
映したDVDを鑑賞していて、最後の方でふと感動のようなものを
覚えるシーンがありますが、この小説(あるいは保坂先生が書く小説)も、
もしかしたらそういった感覚で読むものなのかも知れないと思いました。


それから、保坂先生の小説の終わりは「終」とか「END」とか
付くような終わり方じゃないんですよね。
以前、他の本を読んでいてそのことを知っていたので、
一体どこでどんなシーンで終わるんだろうかと、最後の方は
ちょっとドキドキしながら読んでたんですが、
やはり何でもないようなシーンで終わっていて、
淋しいような感じもしつつもどかしいような苛々も覚えつつ……
という感じでした。

やはり、ライトノベルとか推理物とかに慣れている人には、
読みなれないもので数ページ進むと辛くなるんじゃないかなと思いますが、
我慢して読み続けた先にふと「あれ? 面白いかも?」という
不思議な感覚を覚えるので、そういった感覚を味わってみても
いいかもと思われる方にはお薦めいたします。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

『仮面ライダー ディケイド』 第3話「超絶」

仮面ライダー ディケイド
第3話「超絶」

1話、2話を見逃してしまったので、話しはよく分からなかったんですが、いきなり懐かしのクウガが現れていたのには嬉しかったですにこ
あと、ディケイドに出てきたクウガも、“みんなの笑顔のために戦う”というところは昔と変わらないんだなというところも嬉しかった。
ただ、どこまでオリジナル(?)と“変わらない”のかな?っていうのが気になりますね。
電王』は良太郎にイマジンが憑いて仮面ライダーに変身する、という形を取ってるわけで、「良太郎」は他の誰かに変わるとして、そのイマジンもやっぱり別のイマジンに変わってしまうんだろうか?
だとすると、あのモモタロスが憑いたソードフォームでは無くなるんじゃないか?という疑問があるわけですが・・・
ま、見ていくうちに分かることですね手書き風シリーズ汗2

話の内容ですが、私的にとても期待してしまう設定でした。
ディケイドのホームページを軽く読んでみましたが、9つの世界が融合し消滅してしまうという、ややこしい設定の中でどのように話が進むのか、なんだか怖いようでもあり楽しみでもあります。
とりあえず消滅を止めなきゃダメなんですよね。どういう風に止めるのかイマイチ想像つかないんですが、(2話見逃したぶん)これから毎週見つつ学習して(笑)行こうと思います。

ところで、ディケイドのスーツってどうなんだろう?どピンクって・・・手書き風シリーズ汗1
他と差別化するためだろうけども・・・ピンクって手書き風シリーズ汗2手書き風シリーズ汗2
普通は男の子が見るものだからして、中には受け付けない子も出てくるんじゃないかなぁと・・・そんな余計な心配をしてみたり。

テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

カウンター
カテゴリー
最近の記事
FC2プロフ

ブログ内検索
最新コメント
最近のトラックバック
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク



化け猫缶素材屋/猫屋さま]




猫リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
3852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
680位
アクセスランキングを見る>>

RSSフィード
月別アーカイブ
ユーザータグ

侍戦隊シンケンジャー 小林靖子 仮面ライダーW ディケイド 仮面ライダー 三条陸 虚淵玄 仮面ライダー鎧武 諸田敏 小林豊 佐野岳 志田友美 田崎竜太 柴崎貴行 杉田智和 長谷川圭一 高杉真宙 吉野裕行 石田秀範 篠原健太 白石涼子 川口敬一郎 スケット・ダンス 銀魂 中澤祥次郎 石塚真一  仮面ライダーオーズ 竹本昇 夏緑 ちくやまきよし 空知英秋 獣医ドリトル 波岡一喜 加藤弘之 暗殺教室 天装戦隊ゴセイジャー あさのあつこ 坂本浩一 金田治 TheMANZAI かまたきみこ 松井優征  青の祓魔師 KATANA リア・ミシェル 電王 glee クリス・コルファー ディアナ・アグロン 米澤穂信 コリー・モンティス ジェーン・リンチ アンバー・ライリー 米村正二 ジェイマ・メイズ マシュー・モリソン 氷菓 狼陛下の花嫁 田村ゆかり 長石多可男 アルスラーン戦記 荒川稔久 聖☆おにいさん ブレイド 立木文彦 大和屋暁 横手美智子 井上敏樹 渡辺勝也 山口勝平 釘宮理恵 子安武人 唐橋充 銀の匙 田中芳樹 林原めぐみ ファイズ とめはねっ! ジャポニカの歩き方 遠まわりする雛 宮部みゆき 愚者のエンドロール 小栗旬 ヘレナ・ボナム=カーター 十二国記 中井和哉 弓削智久 クドリャフカの順番 金田一少年の事件簿 成宮寛貴 ステップファザー・ステップ 暁のヨナ 泰勇気 阪口大助 加藤和恵 山崎和佳奈 タイムレンジャー 高岩成二 橋本裕志 龍騎 ゲイリー・オールドマン バッテリー 井上真央 西山優里子 シャーリーズ・セロン 高山みなみ 江口洋介 ザック・エフロン クリストファー・ノーラン 清水香里 沢城みゆき 野田順子 生天目仁美 マイケル・ケイン 佐久間紅美 マッグガーデン 横山秀夫 ジェラルド・バトラー 上川隆也 石橋大助 獣電戦隊キョウリュウジャー 石田卓也 ヤンキー君とメガネちゃん エミリー・ブラント テイラー・キッチュ ばらかもん 藤原啓治 高田裕三 可歌まと ヒュー・ジャックマン flat 青桐ナツ 高校球児ザワさん 小山力也 月刊少女野崎くん 三島衛里子 渡辺謙 3×3EYES そんな彼なら捨てちゃえば? 生田斗真 真木よう子 ハル・ベリー 佐々木蔵之介 石ノ森章太郎 ルパンの消息 猿の惑星 アンディ・サーキス 古典部シリーズ アナと雪の女王 香川照之 進撃の巨人 椿いづみ 堤幸彦 役所広司 ジェニファー・コネリー 仮面ライダークウガ トム・フーパー 魔人探偵脳噛ネウロ ティム・バートン ジョニー・デップ ヨシノサツキ ましろのおと 中村光 マーク・ウォールバーグ アダム・サンドラー ぼっちの人魚姫 チョー ONEPIECE 青木崇高 藤原竜也 神木隆之介 須藤元気 宮崎駿 米林宏昌 森川智之 ラッセル・クロウ 古谷徹 大谷育江 田中真弓 クリスチャン・ベール ジョヴァンニ・リビシ ザッカリー・リーヴァイ サミュエル・L・ジャクソン 竹内結子 ベン・スティラー ウルヴァリン X-MEN るろうに剣心 和月伸宏 リドリー・スコット 堀川りょう マイケル・ファスベンダー 東地宏樹 ショーン・ペン 佐藤健 武井咲 蒼井優 黒沢直輔 リン・コリンズ 秋元康 デヴィッド・クロス ジェイソン・リー 三池崇史 仮面ライダーアギト 新フォーチュン・クエスト ハイスクール・ミュージカル 堤真一 ヘアスプレー エイリアン 崖の上のポニョ 仮面ライダー555 バットマン ウィル・スミス ターミネーター 残穢 ミシェル・ファイファー 大槻ケンヂ 中村義洋 野川さくら 矢島晶子 福山潤 保志総一朗 松本保典 安藤麻吹 綾瀬はるか 鈴村健一 千葉進歩 小野賢章 仙台エリ 伊月ゆい 堀江由衣 神田朱未 ニンテンドー64 ブルーシード CIRCUS 九十九眠るしずめ ダークナイト ジェームズ・コーデン 大沢たかお 堀江慶 響鬼 ジェット・リー ジェイソン・クラーク 長澤まさみ フランク・コラチ フランク・スポニッツ クリスティーン・テイラー デビッド・ドゥカブニー マイケル・アンガラノ 冨澤風斗 市毛良枝 渡部篤郎 宮崎あおい 南明奈 クリス・カーター 入江甚儀 まいける 中尾明慶 ポール・W・S・アンダーソン 着信アリ 着信アリ2 岡寛恵 ヴィレッジ ソランジュ・ノウルズ・スミス スティーヴ・ラッシュ M・ナイト・シャマラン ヘイデン・バネッティーア 本田貴子 塚本連平 吉沢悠 X-ファイル ミラ・ジョヴォヴィッチ 片山修 アリ・ラーター ショーン・ロバーツ ミムラ ウェントワース・ミラー 原恵一 森絵都 マット・テイラー ミヒャエル・エンデ ネバーエンディングストーリー ウォルフガング・ペーターゼン ノア・ハサウェイ タミー・ストロナッハ トワイライトプリンセス バレット・オリヴァー ミッキーカーチス ハッピーフライト 沢木ルカ スウィングガールズ 賀集利樹 田辺誠一 矢口史靖 森永悠希 GATE 和久井映見 タイムライン 万城目学 フランシス・オコナー ゼルダの伝説 カラフル オウガバトル チアーズ3 ジリアン・アンダーソン ジャッキー・チェン 鈴木雅之 岡田将生 マイケル・クライトン 中井喜一 ドラゴン・キングダム リチャード・ドナー 時のオカリナ ロブ・ミンコフ ポール・ウォーカー プリンセス・トヨトミ ハムナプトラ3 中川翔子 塔の上のラプンツェル 新井浩文 ロブ・レターマン マーク・ローレンス 畠中洋 加瀬亮 ラブソングができるまで 大悟 千鳥 上地雄輔 マリア・ベロ 佐藤隆太 ジャック・ブラック 石原さとみ 長原成樹 宮川大輔 剣幸 岡田誠 ジェフリー・ラッシュ そにしけんじ ガリバー旅行記 猫ラーメン ジョン・ハナー デヴィッド・サイドラー クリスチャン・ベイル ヒース・レジャー ハンコック ジョナサン・スウィフト 上野樹里 古内一成 静野孔文 英国王のスピーチ 小泉今日子 グーグーだって猫である 犬童一心 アマンダ・ピート ヒュー・グラント ドニー・ダーコ LL・クール・J クリス・オダウド リチャード・ケリー ジェイク・ギレンホール ジェイク・ジレンホール メアリー・マクドネル ジェナ・マローン サフロン・バロウズ トーマス・ジェーン 柴咲コウ ホアキン・フェニックス コリン・ファース エイドリアン・ブロディ ディープ・ブルー レニー・ハーリン ロブ・コーエン ビリー・コノリー ブレンダン・フレイザー サンドラ・ブロック ジョン・リー・ハンコック しあわせの隠れ場所 ティム・マッグロウ クイントン・アーロン 品川ヒロシ ジェイ・ヘッド リリー・コリンズ 伊藤理佐 おんなの窓 着信あり 着信あり2 杏さゆり プレデター ジェイソン・シーゲル サマースクールデイズ エイリアンズVSプレデター ブライス・ダラス・ハワード 三浦友和 フィリダ・ロイド ロバート・ルケティック 男と女の不都合な真実 アマンダ・セイフライド エリック・ウィンター マイケル・ビギンズ シェリル・ハインズ ケヴィン・コナリー ニック・サーシー ピアース・ブロスナン 美輪明宏 ジョン・タトゥーロ ジョン・トラボルタ デンゼル・ワシントン ルイス・ガスマン マイケル・リスポリ ハイスクール・ミュージカル ジェームズ・ガンドルフィーニ 仮面ライダー剣 ケビン・コナリー マンマ・ミーア! 水田伸生 なくもんか ニッキー・ブロンスキー 宮藤官九郎 阿部サダヲ 塚本高史 アダム・シャンクマン 瑛太 ウィル・アイ・アム ジョン・トラヴォルタ 黒川芽以 グミ・チョコレート・パイン ケラリーノ・サンドロヴィッチ 大森南朋 ギャヴィン・フッド 笑う警官 ダニー・ヒューストン リーヴ・シュレイバー トニー・スコット ステファニー・メイヤー レインツリーの国 花よりもなほ 田村直己 高野和明 有川浩 中村橋之助 玉山鉄二 ジェニファー・アニストン ジニファー・グッドウィン 幽霊人命救助隊 古怒田健志 小雪 アリソン・ミラー チョン・ジヒョン クリス・ナオン 楠桂 村井良大 ラスト・ブラッド 鬼切丸 スカーレット・ヨハンソン ベン・アフレック 平愛梨 常盤貴子 豊川悦治 クリスティン・スチュワート 石塚英彦 サブウェイ123 キャサリン・ハードウィック 宇梶剛士 唐沢寿明 ロバート・パティンソン 要潤 ジャスティン・ロング ブラッドリー・クーパー 広末涼子 紀里谷和明 浦沢直樹 20世紀少年 GOEMON 皆川猿時 片桐はいり ヘレナ・ポナム=カーター ミア・ワシコウスカ 幻蔵人形鬼話 ゴリ押し成就ドラマジ アラン・リックマン マイケル・シーン 勝間和代 目立つ力 不思議の国のアリス アリス・イン・ワンダーランド リトル・ジャンパー キーファー・サザーランド ポーラ・パットン エイミー・スマート アレクサンドル・アジャ ミラーズ ヘタリア 石田彰 フォーチュン・クエスト 3×3EYES ヤングマガジン 山本ひかる 菅田将輝 桐山漣 木ノ本嶺浩 オーバードライブ 柏原収史 筒井武文 竹中直人 陰の季節 樹木希林 借りぐらしのアリエッティ 三崎亜記 となり町戦争 メアリー・ノートン 志田未来 I.G 竹下景子 大竹しのぶ 高松信司 DAIGO 鷹の爪団 ミシェル・ロドリゲス スティーヴン・ラング シガニー・ウィーバー ジョエル・デヴィッド・ムーア ディリープ・ラオ コララインとボタンの魔女 ガールズ・ブルー アルビン/歌うシマリス3兄弟 サム・ワーシントン ジェームズ・キャメロン 清水良典  舞妓Haaaan! 貫地谷しほり キャメロン・リチャードソン アバター 未来戦隊タイムレンジャー ティム・ヒル ヘンリー・セリック ニール・ゲイマン 中島たい子 山本泰一郎 ヴァネッサ・ハイウッド 漢方小説 ヴァネッサ・ハジェンズ 季節の記憶 神谷明 ケニー・オルテガ ジェイソン・コープ デヴィッド・ジェームズ 山路和弘 劇団ひとり 榮倉奈々 上杉忠弘 ロコ!思うままに シャルト・コプリー ニール・ブロムカンプ 第9地区 鈴木蘭々 バトルシップ 田村由美 山口雄大 熊倉隆敏 7SEEDS もっけ 高橋洋 森山享 小西舞 堀ノ内美月 中原翔子 水木薫 伊藤洋三郎 コディ・スミット=マクフィー ジュディ・グリア 小泉堯史 岡田准一 蜩ノ記 大友啓文 サム・ライリー 堀北真希 原田美枝子 ケリー・ラッセル トビー・ケベル マット・リーヴス 三船史郎 寺島しのぶ 佐々木浩久 太田隆文 北村有起哉 つのだ☆ひろ 長谷部優 田中圭 hiro 戸田恵子 浪川大輔 佐藤正治 古川登志夫 鶴ひろみ 野沢雅子 細田雅弘 永山耕作 バックダンサーズ! 津田寛治 田中要次 三船美佳 筧利夫 三輪ひとみ 鈴木繭菓 熊澤尚人 永井流奈 尾上寛之 伊藤歩 野澤祐樹 三宅健 エル・ファニング シャールト・コプリー ニコラ・ペルツ スタンリー・トゥッチ マイケル・ベイ ジュリエット・ビノシュ エリザベス・オルセン シェーン・ダイソン 俺様ティーチャー マイケル・キートン ブライアン・シンガー ジョエル・キナマン ジョゼ・パジャーリャ ロボコップ アーロン・テイラー=ジョンソン ギャレス・エドワーズ クリスティン・ベル ジョナサン・グロフ ハンス・クリスチャン・アンデルセン ジェニファー・リー クリス・バック 思い出のマーニー ジョーン・G・ロビンソン GODZILLA ゴジラ 松嶋奈々子 有村架純 高月彩良 ジェームズ・マカヴォイ ジェニファー・ローレンス オール・ユー・ニード・イズ・キル 桜坂洋 ローガン・ラーマン アンソニー・ホプキンス エマ・ワトソン ダグ・リーマン トム・クルーズ ロバート・ストロンバーグ アンジェリーナ・ジョリー マレフィセント ブレンダン・グリーソン ビル・パクストン ダグラス・ブース レイ・ウィンストン 中島哲也 小松菜奈 深町秋生 果てしなき渇き 渇き。 清水尋也 妻夫木聡 ダーレン・アロノフスキー 約束の舟 ノア オダギリジョー 奈良柚莉愛 土井洋輝 乾くるみ 松田翔太 イニシエーション・ラブ アナ・ケンドリック ロブ・マーシャル 前田敦子 木村文乃 諌山創 樋口真嗣 マット・デイモン オデッセイ 橋本愛 イントゥ・ザ・ウッズ リチャード・マッデン ジョージ・クルー ニーヒュー・ローリー ブラッド・バード トゥモローランド 荒川良々 ブリット・ロバートソン ラフィー・キャシディ リリー・ジェイムズ ケイト・ブランシェット ケネス・ブラナー シャルル・ペロー シンデレラ 三浦春馬 長谷川博己 ニコラス・ホルト テリーサ・パーマー ジョナサン・レヴィン ウォーム・ボディーズ ケイティ・ホームズ ロブ・コードリー 美女と野獣 ケヴィン・ジェームズ ミシェル・モナハン クリス・コロンバス ピクセル アンコール!! ウーピー・ゴールドバーグ ウィル・アーネット ポール・ポッツ デヴィッド・フランケル ワンチャンス 本郷奏多 水原希子 アーノルド・シュワルツェネッガー エミリア・クラーク ミーガン・フォックス ジョナサン・リーベスマン ミュータント・タートルズ ジェイ・コートニー 濱田岳 戸田恵梨香 森邦宏 甲斐田ゆき 谷村美月 原沙知絵 板倉光隆 小林沙苗 麦人 佐藤銀平 川澄綾子 渡辺信一郎 マングローブ 小西克幸 仲里依紗 水野理紗 天海祐希 黒木メイサ 所ジョージ 長嶋一茂 山口智子 谷原章介 松雪泰子 近藤好美 花村怜美 水橋研二 櫻井孝宏 朴璐美 真野玲 名塚佳織 オーウェン・ウィルソン スティーヴ・クーガン ロビン・ウィリアムズ ショーン・レヴィ ナイトミュージアム ダン・スティーヴンス ベン・キングズレー 予告犯 筒井哲也 白又敦 高木渉 緒方賢一 名和宗則 島田敏 岡本信彦 宮崎なぎさ 鈴木真仁 浜田賢二 成田剣 アリス・ジェーン・チャンドラ・ウェブスター 横田和善 田中秀幸 天野由梨 佐藤智恵 堀江美都 クリステン・ウィグ スティーヴン・コンラッド ローウェル・カニンガム トミー・リー・ジョーンズ バリー・ソネンフェルド メン・イン・ブラック3 サム・クラフリン ジョシュ・ブローリン トム・ハーディ 猫にまつわる不思議な話 宇佐和通 吉川晃司 大友啓史 モーガン・フリーマン クリス・ヘムズワース クリステン・スチュワート 宍戸開 ダーク・シャドウ 北村一輝 市村正親 上戸彩 エヴァ・グリーン ジャッキー・アール・ヘイリー グリム兄弟 ルパート・サンダース 松山ケンイチ クロエ・グレース・モレッツ ジョニー・リー・ミラー プロメテウス ノオミ・ラパス 千葉繁 折笠愛 水野敬也 夢をかなえるゾウ ゼロ・ダーク・サーティ レ・ミゼラブル ヴィクトル・ユゴー サシャ・バロン・コーエン ドラゴンボール エディ・レッドメイン アマンダ・サイフリッド ビュー・ジャックマン 井沢元彦 逆説の日本史 平田広明 山口由里子 岡村明美 イドリス・エルバ ガイ・ピアース 矢尾一樹 テッド 猫弁 大山淳子 ジョエル・マクヘイル ミラ・キュニス セス・マクファーレン 阿部寛 武藤将吾 源氏物語 紫式部 田中麗奈 多部未華子 東山紀之 ニューイヤーズ・イブ ゲイリー・マーシャル ジョン・ボン・ジョヴィ ジェームズ・ベルーシ ミシェル・ファイファー ヒラリー・スワンク ロバート・デ・ニーロ 中谷美紀 高山由紀子 フリーダ・ピントー トム・フェルトン ルパート・ワイアット ジェームズ・フランコ 震度0 八手三郎 會川昇 岩合光昭 鶴橋康夫 弟切草 かまいたち ファンタスティック4 精霊の守り人 上橋菜穂子 天樹征丸 さとうふみや 田村隆平 べるぜバブ ピーター・マクニコル 町医者ジャンボ!! こしのりょう ヤマザキマリ 武内英樹 テルマエ・ロマエ 庄司陽子 生徒諸君! リーアム・ニーソン アレクサンダー・スカルスガルド 伊東四朗 いもうとデイズ 渋谷樹生 渋谷龍生 小西真奈美 田中ユキ ピーター・ディンクレイジ リアーナ ブルックリン・デッカー 浅野忠信 ピーター・バーグ 鳥山明 ベティ・トーマス ナオミ・ワッツ ナヴィーン・アンドリュース オリヴァー・ヒルシュビーゲル ダイアナ マーシャ・ゲイ・ハーデン キャス・アンヴァー ゴースト・エージェント ケビン・ベーコン 幸せの1ページ ライアン・レイノルズ ジェフ・ブリッジス ロベルト・シュヴェンケ エミール・ハーシュ イントゥ・ザ・ワイルド 是枝裕和 福山雅治 そして父になる ジュリー・ウォルターズ ヘレン・ミレン 尾野真千子 リリー・フランキー テレンス・スタンプ ズーイー・デシャネル ジム・キャリー ペイトン・リード イエスマン ウェンディー・オルー マーク・レヴィン 田畑智子 チャック 高畑淳子 宮本信子 地井武男 イヴォンヌ・ストラホフスキー アダム・ボールドウィン 柊あおい 君のために弾くショパン ライアン・マクパートリン サラ・ランカスター ジョシュア・ゴメス 高良健吾 朝倉あき フォーチュン・クッキー マーク・ウォーターズ ジョディ・フォスター アビゲイル・ブレスリン ジェニファー・フラケット ジェイミー・リー・カーティス リンジー・ローハン 高畑勲 かぐや姫の物語 チャド・マイケル・マーレイ マーク・ハーモン ナイジェル・コール カレンダー・ガールズ 木内一裕 松嶋菜々子 藁の楯 ブリタニー・マーフィ アダム・ガルシア 岸谷五朗 パシフィック・リム 玄田哲章 三ツ矢雄二 菊池凛子 チャーリー・ハナム ギレルモ・デル・トロ スティーヴ・ザーン ビヴァリー・ドノフリオ サマンサ・モートン ウィレム・デフォー エドガー・ライス・バローズ アンドリュー・スタントン ジョン・カーター 中村地里 下野紘 野島健児 ペニー・マーシャル 小林ゆう 高本めぐみ 関智一 芦田愛菜 そこをなんとか 草凪みずほ 死国 ヴァーリアの花婿 ウィル・ユン・リー ハル・ヤマノウチ 坂東眞砂子 エリン・ブロコビッチ アーロン・エッカート マーグ・ヘルゲンバーガー アルバート・フィニー ジュリア・ロバーツ スティーブン・ソダーバーグ ブライアン・ティー 森繁拓真 美山加恋 優香 沖浦啓之 ももへの手紙 平安女子部! 山寺宏一 鈴木亮平 吉河美希 となりの関くん 少年探偵犬神ゲル 河合克敏 佐々木譲 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。